年金レクチャー

専業主婦が離婚する際には、夫の年金の一部を受け取ることができる制度があります。

離婚時年金分割の制度では、2007年4月から2008年4月までのものは分割の割合は最大で2分の1です。しかし夫が受けとる金額の全ての2分の1を離婚する妻が受け取れるというわけではありません。

分割の対象になるのは、報酬比例部分のみです。報酬比例部分というのはサラリーマンや公務員にはありますが、自営業の人にはありません。ですから自営業の人の場合は、そもそも離婚時年金分割の権利は発生しません。

またサラリーマンの妻で報酬比例部分があり分割の権利が発生するとしても、夫がかなり稼いでいれば別ですが、普通はそんなに高くないですから、過度に期待しない方がいいでしょう。

しかも、お金を受け取れるようになるのは、年金を受け取れる年齢になってからですから、60代あたりからということになります。

そして2008年以降のものは自動的に分割されます。夫婦間で合意を得る必要もなく、裁判所で手続きをする必要もありません。離婚すれば自動的に分割ということになります。

しかし、あくまでも2008年4月以降のものに限り、それ以前のものは自動では分割されませんから、夫婦間で話し合ったりする必要があります。

 

離婚時年金分割は妻が得する

離婚時年金分割では、妻が得をするケースのほうが多いと言われています。なぜなら、夫が働いている間に収めていた厚生年金の半分を、妻が納めていたことにできる制度だからです。

専業主婦の場合、夫の納めた厚生年金の半分を丸々自分が納めていたことにできるので、得をします。妻も働いていた場合でも、夫のほうが給料が良いということのほうが多いので、共働きのケースでも、女性のほうが得をすることのほうが多いでしょう。

しかし、よくよく考えてみると、離婚時年金分割は決して平等ではないということもできます。

それまでOLをやっていた女性が、結婚をして専業主婦になれば、仕事は諦めなければなりません。離婚をした後すぐにブランクが埋められるわけでもなく、簡単に正社員の仕事が見つかるわけでもないでしょう。

シングルマザーの人は、アルバイトかパートになるケースが多いです。そのため、離婚時年金分割を利用したとしても、完全に平等になるということはできません。

ケースバイケースですが、財産分与で多めに財産をもらうという交渉をするのもアリでしょう。国の委託機関や法律事務所では、回数制限はありますが、無料で相談を受けられることも多いので、有効活用してみましょう。