老齢年金の振替加算とは

高齢になって老齢年金を受給し始めるに際して、配偶者加給年金というものがあります。

男女どちらでもいいのですが、分かりやすく説明するために男性を例にします。生まれ年によっても受給開始年齢は違います。ここではこれからの世代についてをサンプルに説明いたします。

昭和36年4月2日以降に生まれた男性は65歳になって初めて老齢年金の受給が始まります。サラリーマンをされていた方は厚生年金、自営業の方は基礎部分のみの支給となります。この際に生計を維持している奥様がいらっしゃれば、加給年金額といういわゆる扶養手当のようなものが加算されることになります。

そして、奥様が年下だった場合、数年すると、今度は奥様自身の老齢の受給が始まります。ここが制度の面白い点でして、今度は今まで旦那様が受給しておられた配偶者加給額が今度は奥様の方に乗っかることになるのです。これが振替加算という制度です。

そもそも配偶者加給額がいくらくらいになるかについては、生まれ年によっても異なってきますが、最大でも年間22万ほどだと考えて下さい。これが奥様自身が65歳になられたときに、旦那様に加算されていた額が奥様自身のものになりますから、振替加算という制度は、社会保障制度が夫婦を基盤にして成り立っているということが分かっていただけると思います。

支給要件としては、旦那様が65歳になられた際に奥様が維持されていたことが必要です。また、支給要件として、法律婚である必要はなく、内縁の方でも対象となりますので、詳細はお近くの社会保険労務士さんに委任すれば手続きはお任せできるので安心ですね。

 

遺族厚生年金の経過的寡婦加算について

夫の死亡により遺族厚生年金を受給する妻が、昭和31年4月1日以前生まれの場合に、その生年月日に応じて加算されるのが経過的寡婦加算です。これを受けるためには死亡した夫が厚生年金を20年以上加入していることが必要になります。

この経過的寡婦加算は65歳以降に支給されるわけですが、それまでは中高齢寡婦加算が支給されることになります。これは、夫が死亡した時に40歳以上で子のいない妻が受け取る遺族年金に40歳から65歳までの間です。そして中高齢寡婦加算は65歳を過ぎると、妻自身が老齢基礎年金が支給されることにより打ち切られます。

しかし、サラリーマンの妻などが国民年金に強制加入となったのが昭和61年4月以降であるため、それ以前に任意加入していなかった場合においては中高齢寡婦加算よりも自身の年金の方が低くなってしまいます。これを補う形にしたわけです。

このように老齢年金を受給する権利が発生しても、老齢年金の受給額の方が少ない場合、そのまま遺族年金を受け取ることは可能です。

要は金額の多い方を選択できるわけですが、この2つを同時に受給することはできませんので、どちらを受け取った方が有利になるのかわからない場合には、年金事務所などにおいて確認することが大事です。